配達員の女性とハガキ

機密性の高い圧着ハガキは重要な情報を伝達するのに適している

圧着ハガキの表紙

一般の人々の個人情報保護に関する意識の高まりを背景に、最近は、官も民も関係なく、情報の扱いに慎重に配慮して仕事をするのが常識と考えられています。公的機関も民間企業も、程度の差こそあれ、顧客や住民の個人情報を扱うケースがあり、必要に応じて、そうした情報を含むものを郵送することもあるでしょう。そんなときには、機密性が高い圧着ハガキを使うと、受取人に余計な不安を与えずに済みます。圧着ハガキは、ノリのついた粘着部分によって、重要情報を含む面を内側に織り込んで密封することができます。そのため、外部に漏れると、悪用による深刻な被害が予測される重要な個人情報は、畳み込む部分の内側に印刷しましょう。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼する企業、団体、機関が多いです。特殊な形をしている上に、後で開封しても破損する恐れのない特別なノリを使う必要があるため、専門業者に依頼する方が、クオリティ面、技術面で安心です。作成費用、納品までの日数、そしてオプションサービスの内容等は、業者によって異なります。初めて圧着ハガキを印刷する場合は、いくつかの専門業者の情報を比較して、ニーズに最も合うサービスを提供しているところを選びましょう。

チラシレベルの量の情報を載せられる圧着ハガキを使おう

商品の案内を出すとき、お客様に提供する情報の量が乏しいと、何が魅力の商品なのかきちんと伝わらないことが多いです。そのため、商品についてお知らせするときには、それなりの情報を載せられる媒体が望ましいと言えるでしょう。郵送でそのような媒体を使うとすれば、圧着ハガキがこの要件に適います。圧着ハガキは、ハガキという名がつく通り、発送する際の送料はハガキと同じです。しかし、圧着して封をしている部分を開封すると、その内側にも文字や画像を印刷できる造りになっています。このため、ハガキよりもずっと多く、チラシと同レベルの量をお客様に伝えることが可能です。送料がハガキ同等のため、郵送でお知らせを出す場合は、封書よりも安く済み、しかも情報はたっぷりですので、コスパのいい方法と言えるでしょう。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼するのが一番簡単です。専門業者なら、印刷も糊付けもきれいに仕上げてくれるでしょう。印刷に加えて宛名印字も一緒に引き受けている専門業者もあります。人手不足で、宛名印字を業者にやってもらえると非常に助かるという会社は、オプションとしてそうしたほかの業務もオーダーを受け付けている専門業者を探すといいでしょう。

圧着ハガキは個人情報の保護にぴったりです

顧客へ必要な情報な情報を的確に届ける事は、多くの経営者にとって必要で、欠かせない事でしょう。顧客にとって必要な情報かどうかすぐに判断できるのが圧着ハガキです。封書に比べてすぐに開封できるのでどのような情報なのかすぐにわかります。封書は、開封するのに手間が掛かる為そのまま捨てられてしまう可能性もあります。圧着ハガキというと情報があまり掲載できないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし圧着ハガキはハガキのサイズで多くの情報を掲載できます。例えばV型に開くことが出来るタイプ、やZ型に開くことが出来るタイプ、またアンケートに便利な往復型など様々なタイプが用意されています。また圧着ハガキの大きなメリットは個人情報の保護に最適な事です。近年では個人情報が保護されていることが当然の条件ですが、情報によってはきちんと人の目に触れないようにする必要が有ります。保護したい面はしっかりとした圧着で中の情報が透ける事も有りません。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼しましょう。専門業者には豊富なデザイン、種類でぴったりの圧着ハガキが用意されています。まずは、どのような圧着ハガキがあるか確認してみましょう。

様々なタイプの圧着ハガキを作成できる【ユニオン印刷】なら、伝えたい情報に合わせた圧着ハガキを仕上げてくれます。料金設定も良好ですので、おすすめの専門業者です。

最新の情報

最新記事一覧

Top