配達員の女性とハガキ

圧着ハガキを大量発注する前にお試しで印刷してみるのがお勧め

DMにハガキや封書を使う場合には自社で作成するケースも良くありますが、作成に特殊な機械が必要になってくる圧着ハガキについては、作成は専門業者に依頼する事が求められます。ただ専門業者といっても沢山ありますし、中にはあまりレベルの高くない業者もあります。実際に発注する時には大量の部数を印刷しますので、出来上がって見たら低クオリティだったというようなことになってしまうと、大きな損失になってしまいます。そこで重要なのがお試し印刷です。通常圧着ハガキの印刷には最低印刷部数というのが設定されていますが、それよりも少ない枚数であったり最低印刷部数の料金を格安にしたものであったりで、小額で圧着ハガキを印刷できるサービスになります。これによって実際にその業者に依頼した場合にどのような仕上がりになるのか分かりますし、また入稿したデータを印刷した実物がどういう物になるのかという確認も出来ます。すべての業者がやっているわけではないので一概には言えませんが、少なくともお試しサービスを行っている業者であれば本発注する前にお試し印刷を利用して諸々を確認しておいた方が無難です。そもそもこうしたサービスを行っているという事はクオリティに自信があるところなので、対応してくれるところは業者として信頼がおけると言えます。

最新の情報

最新記事一覧

Top